この季節の水郡線は真岡鐡道の路線同様、北関東らしいカラッと晴れた空と、適度に起伏のある地形により、変化のある写真が楽しめる。特に久慈川に沿って走る区間は、鉄橋があり、山ありで素晴らしい景色の路線だと思った


水郡線の写真

水郡線 玉川村-野上原駅間
Canon EOS 7D 2014/12/05 13:22:16 EF24-105mm f/4L IS USM 焦点距離 40.0 mm
この機関車は斜め後ろからもきれいだ


水郡線の写真

水郡線 常陸大宮-玉川村駅間
Canon EOS 7D 2014/12/07 12:02:50 EF70-200mm f/2.8L IS USM 焦点距離 185.0 mm
水郡線を普段走るキハE130、ステンレス車が多くなった。このポイントは線路がすり鉢になっている


水郡線の写真

水郡線 常陸大宮-玉川村駅間
Canon EOS 7D 2014/12/07 12:58:07 EF70-200mm f/2.8L IS USM 焦点距離 120.0 mm
この場所も迫力ある走りを見せてくれた


水郡線の写真

水郡線 下小川-西金駅間
Canon EOS 7D 2014/12/07 13:42:42 EF24-105mm f/4L IS USM 焦点距離 32.0 mm
下小川を過ぎると久慈川を何度もクロスする、84歳のおばあさんカメラマンの横で談笑しながら撮った


水郡線の写真

水郡線 下小川-西金駅間
Canon EOS 7D 2014/12/05 13:42:56 EF24-105mm f/4L IS USM 焦点距離 105.0 mm
先ほどの鉄橋を正面から撮るとこんな感じ


水郡線の写真

水郡線 西金-上小川駅間
Canon EOS 7D 2014/12/06 13:50:38 EF24-105mm f/4L IS USM 焦点距離 105.0 mm
この鉄橋は国道と並行しており至近距離から安全に撮影可能である、逆光で煙が光る


水郡線の写真

水郡線 西金-上小川駅間
Canon EOS 7D 2014/12/06 13:50:44 EF24-105mm f/4L IS USM 焦点距離 82.0 mm
ここもいい煙で通過、バックが煙で見えない


水郡線の写真

水郡線 西金-上小川駅間
Canon EOS 7D 2014/12/06 13:50:52 EF24-105mm f/4L IS USM 焦点距離 24.0 mm
久慈川を渡っていく、澄んだ空気と澄んだ水


水郡線の写真

水郡線 上小川-袋田駅間
Canon EOS 7D 2014/12/06 14:08:30 EF70-200mm f/2.8L IS USM 焦点距離 200.0 mm
上小川の停車で追い越し、最初のベストポイントはここ


水郡線の写真

水郡線 上小川-袋田駅間
Canon EOS 7D 2014/12/06 14:08:43 EF70-200mm f/2.8L IS USM 焦点距離 100.0 mm
こう言う風景が好きだ


水郡線の写真

水郡線 上小川-袋田駅間
Canon EOS 7D 2014/12/07 14:09:33 EF24-105mm f/4L IS USM 焦点距離 75.0 mm
先ほどの場所から少し行くとこの鉄橋が見える、編成は入らないが雰囲気は良い


水郡線の写真

水郡線 袋田-常陸大子駅間
Canon EOS 7D 2014/12/05 14:11:13 EF24-105mm f/4L IS USM 焦点距離 35.0 mm
袋田を超えるとこの鉄橋があり正面から狙ってみた、左の崖の上に小学生が見送っており乗務員が手を振っている


水郡線の写真

水郡線 袋田-常陸大子駅間
Canon EOS 7D 2014/12/05 14:02:50 EF24-105mm f/4L IS USM 焦点距離 90.0 mm
袋田小学校の生徒が寒い中キャーキャー騒ぎながら、SLを見送った


水郡線の写真

水郡線 常陸大子駅
Canon EOS 7D 2014/12/05 15:08:51 EF24-105mm f/4L IS USM 焦点距離 32.0 mm
終点の常陸大子(ひたちだいご)写真右手にターンテーブルがあるがC61はギリギリらしい


水郡線の写真

水郡線 常陸大子駅
Canon EOS 7D 2014/12/05 15:17:25 EF24-105mm f/4L IS USM 焦点距離 50.0 mm
トラックから石炭や重油を補給してもらう、翌日の運転に対して準備万端。この水郡線は期待していた通り景色の素晴らしい路線であった。撮影者はマナーを守って、次回の運転の実現に期待したいと思う


復活蒸気 水郡線 新作


アクセスカウンタ