ヘッダー写真

2018/04/01 春

蒸気機関車イメージ画像

2018年の幕開けは大阪からの訪問になった。伊丹発の新潟行き初便に乗り新潟からレンタカーを借りると、東京から行くよりもずっと楽にばんえつ物語号を楽しむことができる。今回はお家の事情もあり日帰りとなったため、日出谷が最後となった。それでもまだ雪の残る沿線を十分に楽しめることができた


2017/09/30 稲刈り

蒸気機関車イメージ画像

9月末の沿線、稲刈りが最盛期を迎え好天もあって各地で刈り取りが始まっていて、農家の方々の忙しいところをお邪魔した。列車の来る間作業の様子を見ていたが、昔のように手で刈るのではなく機械がバサバサと刈り取って、そのまま脱穀し、稲わらはバラバラに切断されてその場にまかれたり、束にまとめて落としていく方法がある。束のものははさ掛けされ秋らしい風景となる、これらの写真も何か所かで撮ることができた


2017/06/17-18 新緑

蒸気機関車イメージ画像

6月は梅雨の時期、過去の撮影記録を見てもあまり出かけていない。しかし今年は梅雨入りが宣言されてからほとんど雨が降らない、天気予報も晴れであったため出かけることにした。沿線には撮影者も少なくのんびり好きな場所で写真を撮ることができた


2017/04/22-23 さくら

蒸気機関車イメージ画像

長い冬が終わり桜の季節がやってきた、開花状況は昨年よりは1週遅く気温も低いため花が持ったと思われます。訪問した週は天気も良く福島から新潟に向けて桜もきれいに咲いていた。蒸気機関車も調子がいいようで軽快に走っており、蒸気の煙がきれいであった、しかしこれから気温が上がると少し煙が寂しくなりそうです


2016/09/03-04 稲穂

蒸気機関車イメージ画像

9月と行っても夏はまだ暑く、季節だけは進んできており、磐越西線沿線は稲穂の黄金のじゅうたんに敷き詰められた。撮影はいつものように新潟市内に一泊して2日間滞在した


2016/07/24-25 初夏

蒸気機関車イメージ画像

梅雨明けの土日に出かけようとこの週をターゲットにしていたが、今年は中々梅雨明けがはっきりしないで次週にずれ込んだ。しかし関東以北はこの日天気に恵まれ、夏らしい写真を撮ることができた。沿線の稲は伸び日差しは暑いながら空気は涼しく、元気に走るSLの姿をとらえることができた。


2016/04/23-24 さくら

蒸気機関車イメージ画像

2016年最初の磐越西線は桜からスタートする。例年桜の満開となる23日を基準日としてきたが、今年は暖冬のため、さくらは一週先に満開となり、時期遅れとなってしまった。よってわずかに残った八重桜と新緑を楽しむこととした。沿線の新緑は目を見張るものがあり春の息吹を楽しむことができた


2015/11/07-08 晩秋

蒸気機関車イメージ画像

前回訪問した田んぼの色ずく季節から早2か月、沿線もすっかり紅葉し晩秋の磐越路を楽しむことができた。この季節SL運転日の土日のうち、どちらかの日が雨になり、バイクで走る身には苦労を強いられるが、やはり今年も日曜日が雨だった。しっとりとした空気の中で紅葉の色もあせて見えるが、山霧の中からうっすらと見える木々の紅葉もいいものです。日没も早く往路の半分は夜行列車となり撮影にもひと工夫が必要


2015/09/05-06 稲穂

蒸気機関車イメージ画像

盛夏も過ぎ田んぼが色づく季節になってきた。少し時期的に早いかと思ったが沿線は黄色いじゅうたんに包まれていた。C57180は十分に整備され機関は絶好調だと思われ軽やかな煙で軽快に走った。(煙が物足りないとおっしゃる方もいますが)春のC61のようなたくさんの人出もなく、静かに撮影を楽しむことができた


2015/07/19-20 梅雨明け

蒸気機関車イメージ画像

昨年9月28日を最後に長い検査に入ったC57180号、台風一過後の梅雨明けに磐越西線に戻ってきた。代役のC61で湧いた沿線も少しは静けさを取り戻し、暑いながらも夏の風景を走る姿を楽しめた


2015/05/30-31 C61最終

蒸気機関車イメージ画像

C6120の運転もこの週で最後、次回はいつ走るのか分からない状態で貴重なチャンスを逃してはいけない。幸い天気も二日間安定しており助かった。30日は朝から川吉に焦点を絞り一発勝負をかけたが、途中沿線災害の誤報により3時間以上遅れての運転になり、復路は会津若松19時発となり撮影は困難となった。翌日最終は順調な運転を行い沿線の混雑もそれほどでもなく、じっくりと写真を撮ることができた


2015/05/23-24 C61快走

蒸気機関車イメージ画像

C6120は5月のゴールデンウイークから走り始めて、5月いっぱい楽しませてくれます。先週に引き続きC57で撮ってきた撮影ポイントを網羅すべく違った場所、違った角度から狙って見た、どのポイントも絵になる風景と機関車、天候にも恵まれ沿線気温は25℃を越え暑い撮影であったが気分はよかった


2015/05/16-17 C61登場

蒸気機関車イメージ画像

15年度の磐越西線ばんえつ物語号はC57180号機の点検を入念に行っているため、7月後半からのデビューとなりそのピンチヒッターとしてC6120号機が、ゴールデンウイークから走り始めて5月いっぱい走ってくれます。この路線を走るのは初めてとなり、いつもの景色の中を違う機関車が走るのは絶好のチャンスとばかり出かけることとした


2014/09/27-28 秋風

蒸気機関車イメージ画像

2014年のばんえつ物語号は機関車C57180号の全般検査のため、9月末で運転終了となる。夏の大雨で大幅に運転に数が減り、撮影も思うようにできなかったため、先々週に引き続き出かけることにした。幸い台風一過で風は強いものの、すがすがしい秋の空のもと、力いっぱい走る180号機を見ることができた。リフレッシュして再会を期待したい


2014/09/13-14 実り

蒸気機関車イメージ画像

稲穂の写真を撮りたくて磐越路を訪問した。この年は異常気象で9月の初旬であるが気温が低く天気は非常に不安定の中の撮影だった。頭の上では常に積乱雲が湧いては雨を降らし過ぎ去っていく、澄んだ空気の中、SLは真っ黒な煙を残して走り去った


2014/05/17-18 新緑

蒸気機関車イメージ画像

桜の終わった後の新緑を撮りたいと思っていたが、2週後になってしまった。沿線はすっかり緑に覆われ私の大好きな景色に変わっていた、晴天を狙っていたが1日目は天気の回復が遅れ山間部では弱雨、平野でも曇りであった。翌日は天気が回復したものの雲が多く、肝心のSL通過時には日が差さないジンクスに悩まされながらの1日であった、また両日とも最高気温が12度前後で寒かった


2014/04/26-27 さくら

蒸気機関車イメージ画像

今年も磐越西線に春、桜の季節がやってきました。2009年から撮りたいと思っていた西会津 瑞村の桜、去年は開花のピークに出かけられたが花はショボショボで残念な結果に終わった。今年こそはと出かけたところ福島県沿線は桜の開花がピークを迎えていた。花の付も良くボリュームある美しい桜に魅了された


2013/11/09-10 紅葉

蒸気機関車イメージ画像

11月初め頃からは日本海側は変わりやすい天気になり、紅葉のチャンスに好天に恵まれるのはまれである。今回も初日は晴れ、翌日は大雨だった、一日撮って帰ろうかと思ったがしっとり雨の写真もいいものである、撮影には苦労したがそれなりに成果があったと思う。 初日冒頭の写真撮影場所は近くで猟銃の発砲音がしており、熊と誤射の危険を感じた。川向うを山歩きしている人は大声で話をし、笛を吹いていた、自分をアピールする鈴や笛の用意を忘れないように心掛けたい


2013/09/21-22 初秋

蒸気機関車イメージ画像

夏は暑かった、また天候不順でもあり突然の大雨が各地を襲った。そんな夏も台風一過ですっかり秋となり田んぼも刈り取り色一色に染まった。沿線各所で稲の刈り取りが始まっており、すすきの穂が垂れ下り暑かった夏をすっかり忘れさせてくれる


2013/05/25-26 新緑

蒸気機関車イメージ画像

桜が終わった後は新緑が楽しみである。私は秋の紅葉よりこの春の新緑が好きである。暗い冬を抜け一気に芽吹く鮮やかな色彩、山の色の変化はいつ見ても素晴らしいと思う。当初18日の週に行く予定を立てていたが何かの行事があったのか、新潟のホテルが確保できなかった。一週遅れになり一抹の不安はあったが、実際の新緑に目を奪われた。恐らく来週からは梅雨に突入するのでこれが最後のチャンスだったと思う


2013/04/28-29 さくら

蒸気機関車イメージ画像

前々週の訪問時は冬、2週空けて十分機は熟したと再度出かけた。桜の時期をとっくに終えた太平洋側から白河を経由して会津に向かう中で徐々に季節が戻り、会津若松では桜満開が迎えてくれた。しかし目指す西会津の桜は花の付が悪く満開でも3分咲きの状況であった。雪が多く寒い冬の後は鳥が花のつぼみを食べるらしいと何かに書いてあった。数年前にも同じことがあったが自然相手の写真撮影は難しい。 29日はC57180機関車の故障のため急きょ代走のDE10がばんえつ路を快走した。これはこれでめったに見られない事であるが少しがっくり


2013/04/13-14 早春

蒸気機関車イメージ画像

今年の冬も寒かったのですが、3月後半は東北以西で気温が上がり例年より1週間早く桜の満開を迎えた。この調子だと東北の桜も早いのではないかと予想し、桜を狙って西会津を目指した。しかし残念ながら現地の様子は全くの冬景色。落胆しつつもSL撮影を楽しんだ。今年からは赤色客車のグリーン車が付きSL旅の楽しみ方に幅ができた


2012/11/17-18 HM無し

蒸気機関車イメージ画像

以前新潟に仕事で赴任していたころ大阪に車で何度も帰省していた。今回は滋賀のお友達と誘い同乗させてもらい新潟に向かった。当時は高速道路も切れ切れで時間がかかったが、今は一本で快適に走れる。11月中旬の紅葉は通常では終わりになっており、半分あきらめもあったが実際にはいい感じの色を楽しめた。客車検査のため珍しく4両編成でおまけに門デフ、スノーブラウ、ヘッドマーク無しは私は初めての体験であった。現役時代を彷彿とさせる姿に目を見張った


2012/05/19 新緑

蒸気機関車イメージ画像

2年ぶりに磐越西線を訪れた。昨年は夏の豪雨により沿線が大きな被害を受けたが、見事に復興しSLの運行を楽しめるに至った。大阪からは伊丹空港からJ-AIRの早朝便により新潟からのアプローチして、撮影が可能


2010/04/17-18 名残雪

蒸気機関車イメージ画像

今回の磐越西線は大阪から飛行機での撮影行となった。伊丹発の一番機に乗りレンタカーで移動すれば普通に全線撮影可能で、関東から早朝に出かけるより楽であった。帰阪時の最終便に間に合わせるためには津川までで切り上げる必要がある。さてこの時期の楽しみは桜であるが順調に西から上っていった桜前線が寒気の居座りによりストップしてしまい、全線で桜を見ることができなかった、しかし季節外れの「なごり雪」により4月には撮れないであろう写真が撮れたのは収穫であった


2009/11/08 銚子の口俯瞰

蒸気機関車イメージ画像

関東在住最後の磐越西線、沿線の紅葉がすばらしくどこに行こうか迷ったが、最後に紅葉を入れた雄大な景色を撮ろうと思い銚子の口俯瞰を選んだ。狙い通り周辺の紅葉はすばらしく、朝から出ていた霧も晴れた。長編成のSL列車は美しかった


2009/10/24-25 秋

蒸気機関車イメージ画像

磐越西線・只見線を走ったぐるり一周号を追いながら磐越西線もしっかり撮影した。紅葉もすっかり進み、山のあちこちに黄色や赤の木が沿線を飾った


2009/10/11 門デフ 爆煙

蒸気機関車イメージ画像

上越線の貨物、飯山線の臨時列車を撮影し翌日は磐越西線に入った。田んぼの刈り取りは終わり紅葉には少し早い中澄んだ空気の写真を撮りたくて出かけた。磐越西線ではもう普通になった「門デフ」のいでたちで新津のC57がやってきた


2009/09/21-22 黄金色

蒸気機関車イメージ画像

前回の9/12訪問時は天気が悪かったが、今年のシルバーウィークは天気が良かったので再度出かけることにした。幸い田んぼの刈り取りもまだ終わってなく秋らしいきれいな写真が撮れた


2009/09/12 刈取り前

蒸気機関車イメージ画像

稲刈りがはじまる前に色づいた田んぼの風景を撮ろうと今回出かけた。あいにく天気は良くなかったが、田んぼの黄色と秋のそばの花を入れて撮影することができた


2009/07/04-05 梅雨の晴れ間

蒸気機関車イメージ画像

梅雨真っ只中のこの季節、磐越西線沿線ではアジサイやタチアオイの花が咲き、いつもと違った景色を見せてくれるが雨の日が多いためなかなか出かけられなかった。今年もチャンスを狙っていたが前週はせっかくの天気だったのがC57のATS故障による運休、この週は倒木による遅れはあったものの天気も回復しきれいな写真が撮れた


2009/05/09-10 春俯瞰

蒸気機関車イメージ画像

桜も終わり次の楽しみは新緑である。うかうかしているといつの間にかこの短い季節感を通り過ぎてしまうため連続の撮影行になるが、がんばって撮りに出かけた。SL間近に迫る新緑もきれいであるが俯瞰撮影の魅力も捨てがたい。俯瞰ポイントもいくつかあり、ロケハンではどこにするか迷ったが今回は日出谷俯瞰と慶徳俯瞰を選んだ